プラルエント®について

LDLコレステロールと戦う患者さん

プラルエント®ペンの使い方

プラルエント®ペンはご自身で注射することができます。

プラルエント®相談室

プラルエント®ペンの使い方のご質問に、24時間365日、専任スタッフがいつでもサポートします。

ペンの使い方のご質問に24時間365日お応えします 24hプラルエント®相談室(フリーダイヤル・0120-4970-71)

注射前の準備

ペンを室温に戻しておきます(注射の30分以上前に冷蔵庫からペンを取り出す)

  • ペンが冷たいままだと、痛みを感じる場合や注入時間が長くなる場合があります
  • ペンは温めずに、外箱に入れたまま自然に室温に戻してください
30分以上前に出しておく

ペン本体のラベル確認窓を確認します

  • ラベル
    処方されたペンであることを確認します
  • 確認窓
    薬液が無色からうすい黄色の透明である(にごっていない)ことを確認します
ラベルと確認窓

下記のものを用意します

  • 消毒用アルコール綿
  • 廃棄用容器
消毒用アルコール綿と廃棄用容器

消毒用アルコール綿で注射する場所を消毒します

  • 注射する場所は主治医の指示にしたがってください
注射する場所の消毒範囲

注射の方法

青色のキャップを引き抜きます

青色のキャップを引き抜きます

確認窓が見えるようにしてペンをしっかりと握ります

確認窓が見えるようにしてペンをしっかりと握ります

ペンを皮膚に強く押し当てます

ペンを皮膚に強く押し当てます

注入ボタンを親指で押します 

注入ボタンを親指で押します

皮膚に当てたまま確認窓で注入完了を確認します

  • 注入には約5~15秒かかります
確認窓の色の

皮膚からペンを離します

  • 皮膚からペンを離す前に、親指を注入ボタンから離してもかまいません
皮膚からペンを離します

ペンと青色のキャップを廃棄用容器などに入れ、医療機関へ返却します

ペンと青色のキャップを廃棄用容器などに入れ、医療機関へ返却します
  • ※使い方の詳細は取扱説明書をご覧ください。
  • ※プラルエント®皮下注75mgペンで説明しています。基本的な操作はプラルエント®皮下注150mgペンも同様です。
プラルエント®ペンの使い方は動画でも確認できます

監修:「ともに」プロジェクト

ページの先頭に戻る