ともにライブラリー 脂質異常症の治療について

医師の説明を聞く患者さん

LDLコレステロールを下げるには、主として以下の治療法があります。

その他の注意点

動脈硬化の原因はコレステロールだけではありません。喫煙や肥満、糖尿病、高血圧も重要な危険因子です。
これらの原因が重なれば重なるほど、動脈硬化をおこしやすくなります。
そして困ったことに、高コレステロールと肥満、糖尿病、高血圧は同時にかかりやすい病気です。

原因が積み重なると動脈硬化をおこしやすくなるイメージ

喫煙

たばこを吸う男性

たばこは血管の壁を傷つけ、動脈硬化をおこしやすくします。
また、血管を収縮させたり、血栓を作りやすくして血流を悪くする作用もあり、心筋梗塞の直接の原因となります。

糖尿病

献立を考える女性

血糖値が高くなると、コレステロールが血管壁に貼り付きやすくなったり、血管の壁が傷つきやすくなったり、血液が固まりやすくなったりします。

高血圧

血圧を測る男性

高血圧では、血管には大きな圧力がかかるため、血管の壁が傷ついて、動脈硬化がおこりやすくなります。そして動脈硬化により血管が狭くなると、さらに血圧が上がるという悪循環に陥ります。

ページの先頭に戻る