ともにライブラリー|脂質異常症を学ぶ

医師の説明を聞く患者さん

脂質異常症ってなに?

脂質異常症の説明をする医師

脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロール値や中性脂肪の値が高くなりすぎたり、HDLコレステロール値が低くなりすぎている状態を指します。かつては「高脂血症」とも呼ばれていました。
コレステロールも中性脂肪も必要なものですが、これらが多くなりすぎると、さまざまな病気の原因となります。特に血液中のLDLコレステロール値が高いと、動脈硬化の原因となることがよく知られています。

狭心症や心筋梗塞にかかったことのある患者さん

お薬や手術で心筋梗塞や狭心症の症状が落ち着いても、病気の土台である動脈硬化が治ったわけではありません。
一度心筋梗塞や狭心症をおこした人は、一般の人よりも再発しやすいことがわかっています。
また、心臓の症状が再発するだけではなく、他の血管がつまってしまい、違う病気が出てくる可能性があります。
心臓のほかに動脈硬化になりやすいのは、脳や足などの血管で、それぞれ、異なった病気になります。

動脈硬化になりやすい場所について

動脈硬化になりやすい箇所

心筋梗塞や狭心症をおこした高コレステロール血症の患者さんが、コレステロールを下げるお薬で治療したところ、LDLコレステロールを下げれば下げるほど、冠動脈疾患を再発する可能性が低くなることがわかりました。

冠動脈疾患既往患者のLDLコレステロール値と再発の危険度のグラフ
ページの先頭に戻る