ともにライブラリー|脂質異常症を学ぶ

医師の説明を聞く患者さん

脂質異常症ってなに?

脂質異常症の説明をする医師

脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロール値や中性脂肪の値が高くなりすぎたり、HDLコレステロール値が低くなりすぎている状態を指します。かつては「高脂血症」とも呼ばれていました。
コレステロールも中性脂肪も必要なものですが、これらが多くなりすぎると、さまざまな病気の原因となります。特に血液中のLDLコレステロール値が高いと、動脈硬化の原因となることがよく知られています。

LDL(悪玉)コレステロールが高いとどうなるの?

血液中のLDL(悪玉)コレステロールが多すぎると、余ったコレステロールが血管の壁に入り込んで、動脈硬化の原因となります。
動脈硬化になった血管は硬く、厚くなり、そのため血管の中が狭くなり、血液が流れにくくなります。

正常な血管・コレステロールがたまり狭くなった血管・かたまりが大きくなりさらに狭くなった血管

動脈硬化のイメージを動画で見てみましょう。

動脈硬化を原因とした心臓の血管が詰まる病気(心筋梗塞、狭心症など)は、LDLコレステロールが高いほど起きやすいことがわかっています。
したがって、LDLコレステロールが高い人は、早いうちにLDLコレステロールを下げる必要があるといえます。

LDLコレステロール値と心筋梗塞の関係のグラフ
ページの先頭に戻る