ともにライブラリー|脂質異常症を学ぶ

医師の説明を聞く患者さん

脂質異常症ってなに?

脂質異常症の説明をする医師

脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪の値が高くなりすぎたり、HDLコレステロールが低くなりすぎている状態を指します。かつては「高脂血症」とも呼ばれていました。
コレステロールも中性脂肪も必要なものですが、これらが多くなりすぎると、さまざまな病気の原因となります。特に血液中のLDLコレステロールが高いと、動脈硬化の原因となることがよく知られています。

そもそもコレステロールとは?

コレステロールとは、体内にある脂質のひとつで、細胞やホルモンを作る材料としてなくてはならないものです。ところが増えすぎると血管に悪い影響を与えます。コレステロールには、役割の異なるLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。
血管に悪い影響を与えるのは悪玉と呼ばれているLDLコレステロールです。

LDLは、肝臓で作られたコレステロールを全身の細胞に届けますが、余ったコレステロールは血管に入り込んでしまい、HDLは、血管中に余っていたり、血管壁に入り込んだコレステロールを回収し肝臓に戻します
ページの先頭に戻る