ともにライブラリー|脂質異常症を学ぶ

医師の説明を聞く患者さん

脂質異常症ってなに?

脂質異常症の説明をする医師

脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロール値や中性脂肪の値が高くなりすぎたり、HDLコレステロール値が低くなりすぎている状態を指します。かつては「高脂血症」とも呼ばれていました。
コレステロールも中性脂肪も必要なものですが、これらが多くなりすぎると、さまざまな病気の原因となります。特に血液中のLDLコレステロール値が高いと、動脈硬化の原因となることがよく知られています。

動脈硬化になると、どうなるの?

動脈硬化は血液の流れを阻害し、さまざまな病気を引きおこします。
動脈硬化がおきる場所によって、なる病気は異なります。

  • 脳
  • 心臓
  • 足

右の〇をクリックして詳しく見てみましょう

ページの先頭に戻る